劇団SHOW特急とは?

伊達謙一を主宰とし、東京にて活動する演劇集団。

旗揚げの「キラキラ」では国民的アイドル堀木環を取り巻くストーカー事件と6人のオタクたちの奮闘を描いたどたばた群像劇でかすかな好評を得る。

続く第2回公演「悔いの無い人生のすゝめ」では、突然の死に戸惑いながらも、生前に残してきてしまった後悔と向かい合う3人の少年少女の心の成長と悲哀を描き涙を誘った。

第3回公演「恋の魔法は1・2・3!」は打って変わって爽やかなラブコメディ路線で、ほっこりさせつつも最後の急展開でハラハラドキドキさせたとかなんとか。この第3回公演で劇団累計動員数が1000名を超える。

第4回公演「僕らとあのこの体験記」ではサスペンスホラーコメディというジャンルに挑戦し、その可能性の幅を広げている。

第5回公演「真田十勇伝」は、劇団初の時代劇作品となったが、現代口語訳を取り入れ、誰にでも”わかりやすい”エンターテイメント作品として高い評価を得た。

第6回公演「勇者、旅に出るってさ。~そして伝説へ~」では、某国民的RPGゲームから着想を得たファンタジー王道コメディで、音楽、バトル、笑い、涙、下ネタ、謎の感動、とやりたい放題の様は正に劇団SHOW特急の真骨頂。

最初から最後まで劇場を笑いの渦へと落とし込み、劇団の代表作の一つとも言える作品となった。

第7回公演は、劇団SHOW特急初の再演作品として、第5回公演「真田十勇伝」が選ばれ、劇団旗揚げ以降最大規模となる劇場シアターグリーンBIG TREE THEATERを使って、より洗練された台本と個性豊かなダブルキャストと共に、新たな真田十勇士の幕が開いた。この作品にて第27回池袋演劇祭としまテレビ賞を受賞する。

第8回公演は、「悔いの無い人生のすゝめ」を再演。

脚本に大幅に加筆修正を加え、より観やすく、より面白くを追求し、劇場では更なる感動の涙をさらい好評を得た。でも演劇賞にはかすりもしなかった…。残念。

 

旗揚げ公演

「キラキラ」

作・演出 伊達謙一

2012年4月6日~8日 in 高田馬場RABINEST

第2回公演

「悔いの無い人生のすゝめ」

作・演出 伊達謙一

2012年9月7日~9日 in 高田馬場RABINEST

第3回公演

「恋の魔法は1・2・3!」

作 仁科翔子

原案・脚色・演出 伊達謙一

2013年5月10日~12日 in 高田馬場RABINEST

第4回公演

「僕らとあのこの体験記」

作・演出 伊達謙一

2013年9月11日~15日 in 北池袋新生館シアター

第5回公演

「真田十勇伝」

作・演出 伊達謙一

2014年4月3日~6日 in 大塚萬劇場

第6回公演

「勇者、旅に出るってさ。~そして伝説へ~」

作・演出 伊達謙一

2014年12月26日~28日 in 高円寺明石スタジオ

第7回公演

「真田十勇伝2015」

作・演出 伊達謙一

2015年9月24日~27日 in シアターグリーンBIG TREE THEATER

我々が理想とするのは

 

 

全てのお客様に伝え

受け取っていただくこと

 

 

御観劇頂いた

全ての人の満足を目指して

 

 

劇団show特急は

走り続けます